大阪で事務所を持ちたい方のために見てください

日本でも大阪は大都市の位置づけですが、そこで事務所を構えたい方も多いです。そこでオフィス賃貸の相場を調べていきます。ビルの相場を見ていきますが、主要の地区で表していきます。北区、西区、中央区を抜粋していくと、西区では坪単価8千円から9千円です。もちろんのことですが、事務所の広さや立地、階数でも大幅に変わってきます。北区では、1万2千円から1万5千円になりまして、先ほどの西区と比べて高いようで、注目度がうかがえます。中央区では8千円から1万円5千円になりますが、こちらは値幅があるようで中央区の中でも立地などで変動してくるようです。すべて坪単価で表示しておりますが、同じ区内でも特別に賃料が高いところもありますし、逆に安いところも存在していますので探すと掘り出し物もありそうです。ビルの規模では大規模、大型、中型、小型で区分されることが多いので、そちらの違いで賃料も変動してきます。

目立たない地区も調べてみたいです

次に豊島区を見ていきますが、坪単価は6千円から8千円というところです。築年数が古いところの相場になりますが、築年数が新しいところでは、もう少し高くなってきます。天王寺区では4千円から7千円くらいで、浪速区では7千円から1万5千円くらいです。他の地区も見てみましたが、こちらも値幅が大きいように感じますが、人の流動がたくさんあるところなど立地で変わります。共通しているところでは、古いビルなどでは賃料は低く抑えられています。これはオフィス賃貸は空きが長く続くと賃料も下がってくる傾向がありますので、賃料を低く抑えたい方は、そこを狙っていくといいです。

思ったより大阪の賃料は高くないです

大阪のオフィス賃貸は街の大きさを考えると高くない傾向にあります。東京のように手が届かないような賃料ではありませんし、探しやすいところです。特徴として物件の流通量が多いので、賃料も安く設定されることも多いようです。九州のような中規模の街では物件の量が少ないので、逆に賃料が高くなるケースもあるようです。今の時代ではインターネットでも相場を紹介しているサイトも多数ありますので、そちらを参照すると失敗もしないです。不動産の会社に行く前に予習しておくと非常にわかりやすく、選びやすいです。サイトによって紹介している物件の特徴も違うので、どのような傾向があるか、その辺もみていきます。